バージンロード

結婚式場のチャペルの扉が開き、父親に手を引かれた花嫁がバージンロードを一歩一歩歩んで祭壇に近づく、たいへん感動的なシーンのひとつです。バージンロードは、花嫁の過去の「人生」を表すと言われています。花嫁は「結婚」という未来へ向けて歩み始めることになります。

バージンロードの下に敷かれている絨毯には、赤のイメージがありますが、カトリックとプロテスタントで色が分かれているということです。カトリックでは赤い絨毯、プロテスタントでは白い絨毯が敷かれています。バージンロードの赤と白では、少しイメージが違ってくるかもしれません。結婚式場を選ぶ際にご確認ください。

ところで、この「バージンロード」という言葉は和製英語であり、外国では通用しないようです。欧米では、「ウェディングロード」または「アイル(花嫁の為の通路)」などと呼んでいます。日本的には、「花嫁は無垢な存在」という意味合いがあることから「バージンロード」と名づけられています。

吹き抜けのチャペルの下、バージンロードをともに歩む花嫁とその父、花嫁はもちろんですがお父さんも感無量でしょう。バージンロードを歩みながら花嫁の子供の頃のことなど、さまざまな思い出が浮かぶのではないでしょうか。