フラワーシャワー

新郎新婦に向けて参列者が花びらをまく「フラワーシャワー」には、花の香りによって場を清め、「幸せを妬む悪魔から新郎新婦を守る」という意味があります。また、挙式前に可愛らしいフラワーガールが花をまくのも、同様の意味があると言われています。

結婚式場で体験したことはなくてもフラワーシャワーは、映画の結婚式のワンシーンとしてしばしば登場しますから、ごらんになったことがあるのではないでしょうか。

まくのが花ではなく、お米になると「ライスシャワー」となりますが、米は豊作を表しており、新郎新婦が「実りある生活を送れるように」、「生涯食べることに困らないように」との願いがこめられています。ライスシャワーの方がより日本的かもしれません。シャワーのように米が降りそそぐという意味なので、花よりお米の方が本来の意味に近いでしょう。このほかにも、「○○シャワー」という名の数々の演出が行われています。

幸福の象徴である白い鳩を飛ばす演出を行っている結婚式場もあります。大空へ羽ばたく白い鳩は、「未来に飛び立つふたり」を表しているということです。結婚式場ごとにいろんな演出がありますから、おふたりでよく話し合われてお好みに合う演出にお決めになってください。